Arc(アーク)/稲毛オステオパシーセンター

身体の痛みはもちろん、疲れやすい、集中力が続かないなど様々なお悩みもご相談ください!脳力開発、様々なスキル、パフォーマンスを高めたい方も是非どうぞ!

あ・た・ま快復プロジェクト‼︎ クレニオセイクラルセラピーがおススメです!

オステオパシーとは

オステオパシーとは

オステオパシーは1874年、アメリカ人の医師アンドリュー・テイラー・スティルによって発表されました。彼は自分の子供たちを流行性脳脊髄膜炎で亡くし、また水銀等を使っていた当時の医療に疑問を感じました。牧師でもあった彼は、神がつくられたこのシステムは完全なものであり、病気になるということはそのシステムに問題が生じたからであるとして、そのシステム、人間の身体を徹底的に調べ上げました。そして現在でも教えられている4つの原則を導き出しました。

1.身体は一つのユニットである

2.人間は自然治癒力・自己調節機能を持っている

3.機能と構造は関連している

4.合理的な治療は以上3つの原理に基づいて行われる

例えば「膝が痛い」という人が来院されたとします。 他の医療と同じように問診、理学的検査を行いますが、私たちは「なぜそれが起こったのか?」を考えながら施術をしていきます。もちろん靭帯が切れているなどの場合は外科的処置が必要です。しかしそのような状態までではないけれども膝が痛い場合は、例として 横座りをずっとしてきたため、膝の靭帯の緊張バランスが崩れている。長期化している場合は加えて骨盤が開いてしまっている、腰椎に側弯が出来ている、頭蓋骨のバランスが崩れ膝のほうまで引っ張っているなど様々なことが考えられます。

また前は腰が痛かったけれども、今度は膝が痛くなったという人がいたとします。問診により以前に尻もちをついているという情報が得られれば、全体の検査はもちろんですが特に腎臓の位置を徒手で検査をし、かなり下がっているのであれば腎臓が膝の関節包にいく神経を刺激していると考えます。その時は徒手にて腎臓を上げる手技を施し、術後に腎臓の位置を維持する運動を勧めます。

このように出来る限り身体が正常な機能を発揮できるような状態になるように、患者様とともに考え、お手伝いをしていく、それがオステオパシーです。

医師や他の医療従事者との違いについては、こちらの記事をご覧ください。

オステオパシーって何ですのん?①普通のお医者さんとの違いから
はじめに どこか身体がおかしい…そんな時、みなさんはまず病院に行くと思います。それは身体のことはお医者さんに行けばなんとかしてくれるだろうと思うからです。明らかに皮膚になんかできとる!と思ったら即皮膚科に行きますが、何だかよくわからんがダ...
オステオパシーって何ですのん?②オステオパシー施術者って何者?
はじめに お役所の書類に「職業」って欄がありますよね?お医者さんなら「医師」、サラリーマンは「会社員」、お母さんは「主婦」、今仕事をしていなくても「無職」と入れることができます。では「オステオパシー施術者」はどうでしょう?お役所にオステオ...

オステオパシーの効果

オステオパシーは身体の様々な不調に幅広く対処することが出来ます。

例えば、 首、腰、肩、肘、手首、股関節、膝、足首などの痛みや痺れ →寝違い、ぎっくり腰、五十肩、ゴルフ肘、階段の上り下りで膝が痛いなど

頭や眼、鼻、耳、口の疾患 →頭痛、パソコンなどによる眼の疲れ、耳鳴り、花粉症、アレルギー性鼻炎、顎関節症など

内臓の不調 →胸焼け、胃の痛み、消化が悪い、便秘、下痢、オシッコがちかい、生理痛、喘息など

原因は分からないが、調子が悪い →更年期障害、手足の冷え、自律神経失調症、疲れやすい、ストレスを感じやすいなど

赤ちゃんやお子さんの問題 →言葉、学習が遅い(←おなかの中にいるとき頭が圧迫されていた)、母乳の吸い込みが悪い(←上顎のアーチが不揃いになっている)、歩き方がおかしい(←股関節脱臼)など

妊婦さんや出産後のお母さん →妊娠中の腰痛やむくみ、出産後の体調不良(←内臓が下垂しやすい)など

このようにいろいろな症状に効果が期待されます。ぜひご相談ください。

しかしながら骨の変形などは元には戻りませんし、骨折の場合は骨がつくまで固定は必要です。骨折後のむくみや運動制限にはオステオパシーは効果的です。

状態によっては、医療機関への受診を勧める場合もあります。また持病をお持ちの方(動脈硬化、肝硬変、糖尿病など)は医師の許可を受けていただいた上での施術となる場合があります。ご了承ください。

私の出身校で、講師をしているオステオパシー専門校です
ジャパン カレッジ オブ オステオパシー
JCOは1992年開校の日本最初のオステオパス養成校です。海外研修・国際基準のインターン過程を含む3年間で前線で活躍するオステオパスを育てます。オステオパシーの基礎医学から学びますので、手技療法の知識のない方も安心して修学できます。SCSアカデミー・オステオパシースポーツケア
私の所属しているオステオパシー団体です
JOA-日本オステオパシー学会
日本オステオパシー学会の紹介、オステオパシーについて、施術所で活躍されている会員オステオパスの紹介や学会のセミナー案内など