お正月3が日の最後に、ペリメニ

胃もたれしやすいお正月の最後に、ロシアの水餃子ペリメニを作りました。油を使わないので、お腹に優しい味です。以前作った時には餃子の皮を買ってきて作ったのですが、フニャフニャしてしまって食感がイマイチでした。皮を自分で作るととてもモチモチしていておいしいです。ロシアのマーケットでは冷凍したペリメニがドーンと袋で売っているそうですよ。材料は、


強力粉 100g
薄力粉100g
卵1個
塩小さじ1/2
水100ml


牛挽き肉150g
玉ねぎ(小)1個
にんにく 1片
塩小さじ1
コショウ適量

スープ
コンソメスープの素
塩小さじ1
コショウ適量
つゆの素大さじ2

写真のように具を包んでくるっと端を閉じます。沸騰したお湯に入れて浮いてきたら中の具に火が通るまで茹でます。お好みでサワークリームと香草のディルを加えていただきます。今回はお正月だからかディルが売り切れていましたので、つゆの素を加えてスープ仕立てにしました。しかしディルはやはり必要ですね。この材料で大皿2枚分、余った具は肉団子にしてスープにドボン↓

豚の挽き肉やラム肉でも良いらしいです。もともとは中央アジアの料理だったので、今度はラム肉を使ってみようかな(^_^)

記事が気に入ったらシェアしていただけると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると嬉しいです